藤原竜也がおじゃMAPに!嫁はどんな人で顔画像は?演技が同じ?

今回は藤原竜也さんについてのご紹介です。

 

出演されたドラマや映画にはたくさんのヒット作品ばかり。おじゃMAPに出演されるという事で話題になっています。

その他に話題になっている藤原竜也さんに関する事をご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

藤原竜也がおじゃMAPに!

藤原竜也 おじゃMAP 嫁 どんな人

http://xn--p8jzgwd7d6jy76sgtmiz4d5id.jp/%E8%97%A4%…

おじゃMAPで町に繰り出しますが、今回は藤原竜也さんがゲストということで

ロケ中に目撃したという事がツイッターに続々とツイートが寄せられています。

 

「近所に昼飯のチキンカツを買いに行ったら藤原竜也さんとザキヤマさんと香取慎吾さんがいた。びっくりした!!
おじゃマップとかの撮影かな〜。」

「中野で藤原竜也さんとザキヤマさんがロケしてた(^-^)
横を通ったけど、やっぱ本物はかっこ良いんやなぁ。ギャラリーよりスタッフさんの人数が多かった(^_^;)」

 

などなど多数のツイートが寄せられています。

 

藤原竜也の嫁はどんな人で顔画像は?

藤原竜也 嫁 どんな人

http://cocachan.net/1866

藤原竜也さんの奥様は一般の方なのでこの画像の通り顔は公開されていません。

ですがいろいろと噂があり名古屋で水商売をしていた女性なのではないかと言われています。

2004年に現在の奥様とは知り合っておりもう12年も経過しています。

交際期間が9年で見事ゴールインされた訳ですが現在までにお子さんは誕生していません。

奥様の年齢は36歳から37歳ではないかと思われますので、結構子供の事を考えるには身体的に

厳しい年齢ではありますので、もしかすると子供を考えていないのかもしれませんね。

性格は奥様はとても謙虚で優しくて、そばに居てくれる女性なんだそうです。

 

スラっとしたモデル体型でとてもオシャレな感じの方です。

藤原竜也さんが結婚の会見を開いた際には現在の奥様の実家に出向いて「お嫁にください」と

奥様のご両親に挨拶をした事を話ししています。

藤原竜也さんが身長180センチ近くあり、上の画像で見る感じですと奥様はおそらく155から165センチくらいの身長なのかなと思います。

その他に結婚会見で藤原竜也さんは奥さんの事を「料理が上手で小動物系な感じ。小柄でミーアキャットみたい」と奥様の事を表現されています。

 

お二人の結婚については知人の紹介で知り合い10年の交際を実らせて結婚された訳で本来芸能人の結婚式となれば大々的にスクープとなったり

人によっては奥様の顔も顔出しOKなどあったりもしますが、藤原竜也さんの場合には報告するための会見のみでその他の詳細は謎。

これはなぜかというと「ストーカー」の存在だと言います。 

結婚するならなにもかもむちゃくちゃにしてやる」という女性の声で事務所に連絡が何度もあり、そのストーカーを刺激しないために結婚については

「あまり大げさにしないでほしい」などと関係者に話をしたのかもしれませんね。

毎日そのような連絡がきていたらもちろん怖いですし、奥様へ危害を加える可能性もあるでしょう。

ストーカーの方側が完全に悪ければ訴えたり、警察沙汰になってもおかしくはないのですが、そうはしてない所を見ると、最近は落ち着いた訳ですが

イケメン俳優は夜遊び好きな方が多いのでその代償なのかもしれません(笑)

Sponsored Link

藤原竜也の演技が同じ?

数々の人気作品に出演された藤原竜也さん、イケメン俳優として知らない人はいないのではないか

というくらいです。

「バトルロイヤル」「デスノート」「カイジ」「るろうに剣心」など少し前のものから最近話題になった作品があります。

もちろん同じ人間が別の役をやっているので声も同じですが演技については賛否両論で意見がいろいろとあるようですね。

アンチぎみで「下手」と仰っている方が主に「どの作品も演技が似通っている」と言うコメントの方が多いようです。

一方15歳からオーディションで選ばれて舞台俳優としてデビューしそこから見事に日本のトップスターになったと賞賛する人も

もちろん居るでしょう。

 

前者の「演技が同じ」というのは熱狂的なファンであればそんな発言はでてこない訳で、ファンだったり藤原竜也さんの事が好きな方からすれば

「藤原竜也が出演する作品なら何でもみたい」という風に言うと思います。

 

ネット上では日本には舞台と映画の両方で評価される方は少ないといった意見もありますし、本当に様々な意見があります。

藤原竜也さんのデビューはというと1997年 蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを

獲得したのがきっかけで舞台俳優として出演で、現在までに至ります。

個人的にはリアクションがオーバーだったりする所も確かにやや舞台仕込な気もしますが、それも含めて藤原竜也さんの演技の個性として見れているので

あまり気にはなっていませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ