曙と相原勇の破局理由の本当は何?2017年現在の仕事や昔の写真

今回は曙さんと相原勇さんについてのご紹介です。

 

婚約までして結婚寸前だった二人が、何故婚約破棄という形で破局してしまったのか。番組でその理由が明らかに?

気になっている方も多いようですので前情報でわかっている事をこの記事でご覧頂けたらと思います。

この記事では以下の事に注目しています。

「曙と相原勇の破局理由の本当は何?」

「曙と相原勇の2017年現在の仕事や昔の写真」

順番にご紹介していきますので最後までご覧頂ければ幸いです。

Sponsored Link

曙と相原勇の破局理由の本当は何?

出典:http://reroreroponch.com/2017/03/27/post-3698/

「今夜解禁!ザ・因縁」で曙さんと相原勇さんが20年ぶりに対面。

ネットでは様々な噂が話が持ち上がっていますが経緯からお話しますと

相原勇さんと曙さんはハワイ巡業の特別番組で知り合い、交際に発展。

記者会見で交際宣言もして、婚約まで関係が進み誰もが結婚するだろうと思っていたに違いありません。

2メートル3センチで巨体の曙と153センチで小柄な相原勇さん お似合いの凸凹カップルと大変話題になっていました。

 

婚約中は、曙さんから「優勝しないと結婚できない」とずっと言われて相原勇さんは曙さんが優勝するのを待っていたのですが

1年以上も、優勝から遠ざかっていて、不甲斐ない成績を残していた曙さんはケガで苦しんでいた為、中々良い成績が残せずにいたのです。

 

愛の力がそうさせたのか、スランプの壁を越えて、97年に曙さんは見事優勝。 これで相原勇さんとの結婚は確実かと思われたのですが

世間を騒がせたニュースは「結婚」ではなく「破局」でした。

 

相原勇さんはお綺麗な方ですから、てっきり相原勇さんが別れを告げたのかと思っていましたが曙さんからだったようです。

 

別れを告げたのは曙さん本人ではなく関係者から相原勇さんへ「結婚できない」事を告げられ二人は破局。

 

その後、時が経った2015年に相原勇さんがテレビに出演した時に曙さんとの破局の真相を語った。

破局の理由は、曙さんの「二股が原因だった」とのこと。

 

破局したあと、相原勇さんはニューヨークで知り合った、アイルランド人の男性(仕事は画商)と2001年に結婚していますが

その後離婚し、趣味で小型飛行機のパイロットの免許を取得するためハワイの飛行訓練へ通い知り合った男性が現在のご主人なんだとか。

しかも出会ってから5ヶ月、交際から3ヶ月のスピード婚をしました。

お相手の男性はハワイの旅行会社勤務の男性でご主人について「「誠実で、おおらかで、飾らない人柄」と話しています。

 

一方の曙さんは2000年に現在の奥様と結婚。

曙さんの奥様はアメリカ人の父と日本人ハーフの母親を持つクォーター。

 

角界には特殊な事情と様々な噂がありますが、実は相原勇さんが関係者に告げられた結婚できない理由も後援会という強い力を持ったタニマチによって

潰されたのではないかという見方があります。

何故に相原勇さんとの結婚に反対されたのかは不明ですが、曙さんが2000年に結婚した奥様と結婚する時にも、タニマチの後援会からの反対があったという情報がある為

「二股が理由」というのはタニマチの力で捻じ曲げられた理由なのではないかと言われています。

 

個人的な意見ですが、今回二人は番組に出演するものの「テレビ的に面白いネタ」の為に「二股ではない理由」を曙さんが「実は・・・」という切り口で言ってきそうなのですが

実際はどうなのかな?思ったりしています。

ちょっと都市伝説的な視点で観るのも面白いかもしれませんよ

 

ご本人の「本当は全く違う」の答えがどんな話なのか、楽しみですね!

Sponsored Link

曙と相原勇の2017年現在の仕事や昔の写真

前の見出しは角界の黒い所が見え隠れするようなお話になってしまったのですが

現在のお二人はどうしているのでしょうか。

 

まずは曙さんからご紹介していくと

角界引退後は格投家に転身していろんな強豪選手と対戦をしています。

キックボクシングでK-1に参戦し

2004年7月17日、「アジアGPトーナメント」(韓国)で中国の張慶軍(チャン・チンジュン)と対戦するも手数が出ず延長の末判定負け。
2004年8月15日、「K-1 WORLD GP 2004 in LAS VEGAS」(ラスベガス)で行われた世界最終予選でリック・ルーファスと対戦。プッシングの反則で減点を受け、0-3の判定負け。
2004年9月25日、「K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦」(日本武道館)でレミー・ボンヤスキーと対戦。2Rまで善戦するも、3Rに右ハイキックで失神KO負け。
2005年3月19日、「K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL」(韓国)の準々決勝で角田信朗と対戦し、判定で悲願の初勝利を挙げた。しかし準決勝でチェ・ホンマンと対戦し、KO負け。
2005年7月29日、「K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII」でチェ・ホンマンと再戦したが1R2分52秒TKO負け。
2006年7月30日、チェ・ホンマンと3度目の試合を行い、2R57秒KO負け。
2008年8月9日、K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAIIの大会プロモーターを務めた[10]。
2015年12月31日、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSでボブ・サップと再戦し、判定負け。

出典:wikipedia

結果から言うと10戦1勝9敗という成績は良いものではありませんがその後は総合格闘技の試合にも出場。

K-1でこれだけやられたら普通はメンタルが負けてしまいそうなのに戦いの場を更に厳しい総合格闘技に移すなんて相当メンタルが強いと思います。

 

2004年12月31日、「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!」でホイス・グレイシーと初の総合格闘技ルールで対戦。ホイスとの体重差は実に138kgであったが、オモプラッタからリストロックを極められ、1Rでタップアウト負け
2005年12月31日、「K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!」でボビー・オロゴンと総合格闘技ルールで対戦し判定負け。
2006年5月3日、HERO’Sに参戦しドン・フライと対戦。2R3分50秒フロントチョークで一本負け。2006年12月31日、4度目の大晦日格闘技参戦となった「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」でジャイアント・シルバと総合格闘技ルールで対戦。1R1分2秒チキンウィングアームロックで一本負け。

出典:wikipedia

残念ながら総合格闘技でも結果を残せませんでした。 何が曙さんをそうさせるのか次はプロレスラーとしてリングにあがります。

アメリカの団体の大会に出演したり、全日本プロレスに参戦したりと本当にプロレスラーとして活躍しています。

 

一方の相原勇さんは、ブログで仕事や日常について発信されています。

それを見る限り、ハワイに滞在しつつ仕事があると日本にきて芸能活動をされてとても幸せそうにみえます。

TV業界の仕事だけではなく最近は念願だった通訳の仕事をすることになったとご自身のブログで報告しています。

 

最後にお二人の昔の画像をご紹介をしていきます。

 

曙さんの昔の写真画像  こちら

相原勇さんの昔の写真画像  こちら

 

いかがだったでしょうか。

お二人ともそれぞれの道を歩んで「今ならあの事をテレビでネタにしてもいいかな」と思っているからこその出演だと思いますので

楽しみですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ