ブレスケア効果はニンニクやアルコールにも?食べ方や副作用の下痢

今回はブレスケアについてご紹介していきます。

 

会議の前や飲み会後の吐息などが気になる時にお世話になっていますね。

最近ではいろんな商品が出てていますがその古株でもあるブレスケアの効果や臭いのきついニンニク

そしてアルコールにもちゃんと効果を発揮してくれているのか自分の息の臭いはわからないので気になるものです。

 

更に食べ方やブレスケアを飲む事での副作用なのか下痢になる方もいるようなのでその点も確認していきましょう。

Sponsored Link

ブレスケア効果はニンニクやアルコールにも?

ブレスケア 効果 ニンニク アルコール

http://oroshi-uri.com/upload/save_image/4987072502594.jpg

飲み会や会議前、デートや他人と結構接近する機会のある時に私もよく飲んでいます。

最近はというとブレスケアよりも50粒で100円くらいなので安いフリスクやミンティアを選ぶ事が多くなったのも事実。

おいしい料理ってだいたいスパイスがきいていたり臭いがきつかったりする事が多いですよね。

改めて「ブレスケアって本当に効果あるのかな」と気になっていたりします。

 

ブレスケアにもさまざまな商品ライナップが増えてきています。

  • 飲むブレスケア
  • 噛むブレスケア
  • スピードブレスケア(噛んだ時の口の広がりが早い)
  • ブレスケアフィルム(噛む必要がなく口の中でサッっと溶ける)
  • ブレスケア舌クリン(舌を綺麗にして臭いを取る)

ざっと確認できるだけでもミンティアやフリスクのようにタブレット状であるだけではなく

いろんな形の商品ラインナップがあります。

どれも商品の基本的な効果としては臭いを消し去るものではなく「抑える」事に効果を発揮

する商品なのでその点を履き違えて飲んだりしたから1日OKという訳ではないようです。

 

まずはニンニクに対しての効き目ですが、ニンニクに含まれている「アリシン」が胃や血液に乗って全身に

めぐって全身からニンニクくさい人が完成する訳です。

単純に食べたから胃にあることで臭いが口から出ていた訳ではないんですね。

 

そしてアルコールの場合には「アセトアルデヒド」という成分がニンニクのアリシン同様に血液を通して全身に

行き渡り「お酒臭い人」が完成する訳です。

 

よくご家族の方に、吐息をかけた訳でもないのに「お酒くさ! ニンニクくさ!」って言われた事ありませんか?

一概には言えませんがあれはまさしく臭い成分が体全身に行き渡っている為、漏れ出た臭いなのかもしれません。

 

ブレスケアの成分は確実にニンニクやアルコールにも効果はあるでしょう。

しかし一時的にしか爽やかな匂いは持続せず15分くらいで終わってしまう為

飲む人の活用シーンに合わせて商品ラインナップを充実させている訳です。

 

なので臭くなりたくないけどお酒は飲みたい! という方は飲酒前にコンビニで牛乳を買って飲むか

緑茶を飲みましょう。 それでも100%大丈夫とは良い切れないので

 

臭いが気になる場合には「ニンニクは控える」 「お酒は飲まない」というのがもっとも有効な手段かもしれませんね。

Sponsored Link

ブレスケアの食べ方や副作用の下痢

効果的な飲み方としては食後に3粒。

臭いのきついものが3粒以上であとは段階に応じて調節していくと良いでしょう。

 

また飲みの席では閉めにデザートを頼んだりしませんか? バニラアイスなどの牛乳と同じ成分が入っているデザートを

チョイスするのも手です。

あとはリンゴやその他のフルーツでも良いでしょう。

 

間違ってもブレスケアにだけ頼って10粒とか全部一気に食べてしまうような宴会芸はやめておきましょう(笑)

 

副作用についてですが

何でももちろん食べすぎはダメです。 あとはアレルギーなど人それぞれ違うように

体には栄養素や成分に対して得意不得意がありますので、どうしてもたくさん取らないといけない場合は

ブレスケアだけではなくデザートにアイスを頼んだりお茶を飲んだりフルーツを食べましょう。

その上でブレスケアもあれば尚良いと思います。

 

一日の摂取量に制限はありませんがブレスケアに含まれている成分の中に

「食用緑色3号」 「ネオテーム」といった成分が含まれており、ラットを使った実験では発がん性が有る事が報告されています。

 

余談ですが「何故ねずみ?」と1度は思った方も居るのではないでしょうか。

以下がその理由です。

まず哺乳類であるため、生命活動が人間と似ていること。

そしてマウスは哺乳類の中で最小クラスであるため、少ない餌と小さなスペースでたくさん買うことができます。
さらに、マウスは繁殖のスピードが速いので何度も実験をして

結果を知りたい場合に適している生物と言えるでしょう。

そのため、マウスが良く使われます。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142242487163416001

サルほどは近くないのですが実験する側にとって都合が良いからねずみが実験台になっている訳ですね。

これは「ブレスケアを飲むとがんになる可能性がある」と抽象的に捕らえるのではなく甘いものや辛いものだって

食べ過ぎれば体を壊すのと同じで「用法容量をもって正しくお使いください」という事だと私は思います。

ブレスケアの関連記事
フリスクとミンティアの違い!食べすぎは腹痛や下痢、口臭の原因に

フリスクミンティアでくしゃみが出る理由は成分?カッコイイ食べ方

フリスクミンティアの眠気に効果的な食べ方!高血圧やストレスに

フリスクとミンティア噛む派?舐める派?公式な食べ方は回答無し?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ