オードリー春日YESマンの旅に!自宅と実家の住所も地図で特定?

今回はオードリー春日さんについてのご紹介です。

 

オードリーとしてブレイクするも最近は水泳でフィン泳ぎをして芸人とは言えない記録を残して話題になったり、ボディービルに挑戦し肉体改造をしたことでとても話題になりました。

もちろんオードリーとしてのネタもとても面白いですよね。

 

今回はネプ&イモトで話題となった第2回目の「YESマンの旅」が話題になっているので私の意見を挟みつつご紹介していこうと思います。

その他には自宅の「むつみ荘」ではなく実家の住所も地図などで特定されているのではないかとネットで注目が集まっていますので掘り下げて確認しましょう。

Sponsored Link

オードリー春日YESマンの旅に!

 

オードリー春日 YES

https://twitter.com/kasugasamabot_

ネプ&イモトで海外に5万円だけ渡されて言われた事をすべて「YES」で返事するという、久しぶりにこういう面白い企画のものがでてきたなーという感じがしました。

前回の場所はロサンゼルスですが露店の店員にすすめられるままに服を一気に42000円分も購入してしまうものでしたね(笑)

 

さすがにこんなにガチなルールだと一般人には無理がありますが、ぜひ友人とふざけ半分でマネしてみたいゲームではありますね(笑)

服を6着買った春日さんがビーチにたたずんでいた女性に「YES」と話しかけれると彼氏らしき現地の男性に「俺の彼女だぞ」とキレられるという

メンタルが強くないと出来ないロケですよ本当に。

 

次回の放送では、ニュージーランドにいって「YES」しか言わないということで本当に当日の放送が楽しみです!

 

ニュージーランド人ってどんな人が多いのだろうか? と個人的に気になりました。

  1. Freedom 自由
  2. Equality 平等
  3. A Can do Attitude 何でもできるという姿勢
  4. Do it yourself attitude 何でも自分でやってみる姿勢
  5. Proud of New Zealand ニュージーランドを誇りに思う
  6. Laidback のんき
  7. Accepting and Welcoming 寛容で歓迎的な姿勢
  8. Helps out when others are suffering 他人が困っていると助ける
  9. Friendly 人なつっこい
  10. Unique way of thinking/analysing 独自の考え方と捉え方をする

一部を日刊ニュージーライフさんから引用させてもらったのですが、これを見ると「日本人とほとんど一緒?」という風に感じました。

 

3番の人に春日さんが出会ってしまったら大変です(笑) こいつ何でもYESで返してくるな! と気づいたらそれこそ店員ならロサンゼルスの時よりも何か買わされるかもしれませんね(笑)

企画ではなく、映画で以前ジムキャリーさんが主演の「イエスマン」という映画があってすごく人気がありましたよね。

春日さんのこの企画をみてふと思い出した方も多いかもしれません。 ジムキャリーさんの物語は「NO」が多かった人生を変える為に「YES」に変えることで人生が変わった男性の役を演じていますので見ていない方は見てみるのもいいかもしれませんね!

Sponsored Link

オードリー春日:自宅と実家の住所も地図で特定?

オードリー春日さんの自宅はブレイクしはじめた頃から「むつみ荘」という事が判明していてブレイクして収入が上がったはずの春日さんですがずっと住み続けていてかなり貯金を溜め込んでいるという事でも有名ですね。

 

東京阿佐々谷の『むつみ荘』(画像)  (6畳一間風呂なし家賃39000円)

 

見ての通り、お世辞にも売れっ子の芸能人が住む自宅には見えない訳ですが、これすらもネタにするというのが春日さんということでその影響もあってか自宅には何時も

玄関に差し入れが大量に置かれているんだとか(笑) 空き巣に入られたりする様な事が今後もないことを祈ります。

むつみ荘については年賀はがきがあるとき大量に春日さんの元に届いたそうですが 「むつみ荘201」と住所に書いただけで春日さんの自宅に届いてしまうという程

知れ渡ってしまっていたのだとか(笑)  

これが自分ならすごい嫌な訳ですが、さすが一流のお笑い芸人だと思います。

 

そして最後にご実家住所の特定についてなのですが

何とご家族自ら公表?という訳ではありませんが、自宅の表札に「オードリーの実家」というテプラのシールが貼ってあるそうです(笑)

 

実家の表札(画像)

 

どうでしょう。 ご両親もオープンな性格という風に番組紹介されていましたがきっと自慢の息子だからこうして自慢したいんだと思いますね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ