アンミカ(安美佳)再婚旦那はインコ好き?両親の仕事やスパイとは

今回はアンミカ(安美佳)さんについてのご紹介です。

 

現在ジュエリーデザイナーやファッションプロデューサーや歌手としても活動されているアンミカ(安美佳)さん。

通販番組でアンミカさんが居るのと居ないのとでは売れ行きがかなり違うようで、以前出演番組で通販番組に出演に出演している時のトーク力などがとても評価されていました。

中居正広のキンスマスペシャルにて極貧時代の話されるという事ですが

この記事では以下のような事に注目してご紹介していきます。

「アンミカ(安美佳)再婚旦那はインコ好き?」

「アンミカ(安美佳)の両親の仕事やスパイとは」

最後までご覧頂けると幸いです。

Sponsored Link

アンミカ(安美佳)再婚旦那はインコ好き?

出典:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A

アンミカ(安美佳)さんの旦那様は会社経営をしている方で、お名前は「セオドール・ミラー」さん。

アンミカさんの本名は安美佳さんですが、実際の所は「ミカ・ミラー」という事になりますよね。

旦那様のお兄さんはハリウッド映画監督で有名なベネット・ミラーさんという事でなんともセレブなご親族。

億の年収を余裕で稼ぎ出す旦那様の意外な趣味が話題となっているようです。

 

そう。見出しの通りインコがお好きというか好きすぎるんだとか。

インコは2匹飼っていて、オカメインコとコザクラインコを買っているようです。

23歳と20歳とかなり2匹とも長生きしているインコなんだとか。

 

毎朝鳥のさえずりで目覚められるのは幸せです

出典:http://ameblo.jp/ahn-mika/entry-11548294120.html

残念ながらアンミカさんは旦那様のようにインコが好きという訳ではなく、部屋の中で放し飼いになっていると出演した番組で苦情を言っていました。

インコを見て可愛いとは思うそうですが、インコはトイレのしつけが難しい為悩んでいるようですね。

 

芸能人の方にもかなり鳥を飼っている方が多いようですので、ご本人と一緒に写っている画像もあれば載せていきます。

 

女優:久保田磨希さん (画像なし)

セキセイ、オカメ、コザクラ、文鳥などなど、飼い主さん自慢の愛鳥がかわいらしい写真やエピソードとともに沢山載っている

「とりまみれ」という本を書店で購入。 ご自身は桜文鳥を飼っているんだとか。

 

女優:蒼井優さん (画像なし)

情報が正しければ、休日は飼っている文鳥を家の中で放し飼いにしいるそうです。

 

 

SKE48:高柳明音さん (画像 こちら

すべてコザクラインコで名前がそれぞれパピ・ピノ・プチョ・ポポ 

 

 

緒方龍一 (w-indsのメンバー)さん  (画像 こちら

一般的には珍しいフクロウを飼っているそうです!

 

他にもかなり多くの方が鳥を飼っています。

Sponsored Link

アンミカ(安美佳)の両親の仕事やスパイとは

アンミカさんは幼少期の頃極貧生活を送っていたそうで、長屋の2階で4畳の部屋で7人家族全員が生活し、1階では別の家族が住んでいたという

現在で言う所の相当な「安アパート」に住んでいたようです。

そんな厳しい生活環境の中で2度もご実家が火事で燃えてしまっているようですが以前出演した番組では「お金がなくても楽しくやっていた」と話をしていました。

 

まずご両親は韓国人の方で日本語はそんなに上手ではなかったそうです。 お母さんは日本語を猛勉強して資生堂の美容部員にとして仕事に付き家庭を支えました。

極貧時代にアンミカ(安美佳)さんは新聞配達をしていたそうですが、お父さんの仕事については情報が無い状態です。

 

そして最後にスパイについてですが

現在の旦那様と結婚する前にお付き合いしていた彼が国際的なスパイだったそうです。

自称韓国人で貿易業に携わっていると聞いていたそう。

結婚を前提にお付き合いをしていたものの、アンミカさんはその男性の両親にも挨拶を済ませていました。

後々その家族は全員役者で家族を演じていたという事が判明。

 

こんなドラマの演出のような話である為ネット上には「嘘ではないのか」という話が議論されています。

 

女性の勘が働いたのか、身元調査をしたところ身元が確定できず。

アンミカさんは男性に直接問い詰めてみたらカタコトで日本語を話していたその彼氏が

「さっきからガタガタ、うるさいんじゃボケ!」と言い放ったんだとか。

 

以後、アンミカさんの前からは痕跡を残さず消えたそうです。

 

身元を調べるきっかけとなったのがこれです。

「韓国で身分証明書で会計したら、聞いていた名前と違った」「ホテルの非常階段に
近い部屋を取る」。他にもうそが多かったと振り返った。

 そうした経緯があり、ケンカとなった際に「何者?」と聞いたという。すると交際していた2年間は片言の日本語だったというが、
突然「さっきからガタガタうるさいンじゃ!ボケ!」と流ちょうな大阪弁で怒鳴られたと明かした。

出典:http://hannichigukoku.info/blog-entry-7262.html?sp

本当にスパイ映画の設定のような話ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ